コロナワクチンの1・2回目を他施設で受けた方の予約について

新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目)は、原則として1・2回目を当院で受けている方を優先させていただきます。

ご事情があって1・2回目を受けた施設で接種ができず、当院での接種を希望されている方は、接種日の5日前までお待ち下さい。
接種日の5日前になりましたら、空いている日時にご予約下さい。
(予約できるのは当院の診察券をお持ちの方です)
予約方法や接種日、注意事項等については、当院ホームページお知らせの「新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目)について」をご確認ください。

新型コロナウイルスワクチン 追加接種(3回目)について

【当院で接種予約できる対象者】
・仙台市の接種券一体型予診票(追加接種用)をお持ちの方で、原則として当院で新型コロナワクチンの2回目接種を受けている方。
(前回 当院で住所地外接種届出済証により接種した方は、再度提出が必要です)

【接種実施日時】
・令和4年1月28日(金) 9時00分〜11時40分(ファイザー社製ワクチン

【予約開始】
・令和4年1月15日(土)(時間は未定ですが午前中には設定できる予定です)
 ※接種券一体型予診票がお手元に届いてからご予約ください。

【予約方法】
・WEB予約システム(https://kjibika.com)から予約できます。(WEB予約は、モバイル版では機能しないことがあります。PC版(パソコン版)にしてから操作して下さい)
・WEB予約できない方は来院時にご予約ください。

【接種当日に持参するもの】
接種券一体型予診票
 ※接種券・予診票・予防接種済証が一体となっています。切り離さずにそのままお持ち下さい。
 ※当日お忘れになった場合は接種できません。
 ※予診票に必要事項を記入して持参下さい。
 ※1・2回目の接種券が未使用の状態で残っていても追加接種では使用できません。

身分証明証(保険証、運転免許証、マイナンバーカード、受給者証等住民票住所も確認できるもの)

◉お薬手帳

※高血圧の薬でβ遮断薬を内服の方は処方医と相談の上、前日と当日の服用を停止して下さい

※当日は着脱しやすく、肩を出しやすい服装でお越しください

【ご注意】

追加接種(3回目)の予約です。1・2回目の接種はできません。

・交互接種が認められた事により、1・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず追加接種ではファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンを使用します。接種日時により使用するワクチンが違うことがあります。当院ホームページのお知らせでご確認の上、ご予約ください。

ワクチン接種時間の診察や処方はできません。

・ワクチンの保存期限や接種人数に制限があるため、予約日時にご来院いただけなかった場合は接種できません。
 キャンセルの場合はお早めにご連絡ください。

・37.5度以上の発熱や風邪症状、体調不良のある方は接種できない場合があります。

・院内の密を防ぐため、予約時間5〜10分前位にお越し下さい。

新型コロナウイルス抗体検査について

当院では、新型コロナウイルスの抗体検査を2種類行っております。

■新型コロナウイルススパイクタンパク抗体  6,000円
 新型コロナウイルスに感染あるいはワクチン接種により中和抗体が生産された可能性が示されます。
 中和抗体がどのくらいついているかを知りたい方におすすめの検査です。
 ワクチン接種後に抗体がついたか知りたい場合は、接種後2週間以降の検査がおすすめです。

■新型コロナウイルスN抗体(ヌクレオカプシドタンパク) 7,000円
 新型コロナウイルスに感染したことがある可能性を示します。
 過去に自然感染したか知りたい方におすすめの検査です。

診断書等の作成は別料金となります。
(金額は書式によりますので、医師に確認してください)

新型コロナウイルスワクチン初回接種の予約について

新型コロナウイルスワクチンの初回接種(1回目・2回目)については、当院では現在予約受付は終了しております。初回接種は、仙台市や宮城県の接種施設で予約可能です。

【仙台市集団接種】
仙台市ホームページ「新型コロナウイルスワクチン接種ポータルサイト」から予約できます。
仙台市新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター
電話番号:0120-39-5670

【宮城県1・2回目接種】
https://miyagi-taigan.or.jp/vaccination.html
TEL:022-263-1636
予約受付 月~金 9:00~12:00 13:00~16:00
宮城県ワクチン接種センター(宮城県対がん協会法人総務課内)
仙台市青葉区上杉5丁目 7-30

桂耳鼻科では、追加接種(3回目)のみ予約可能です。追加接種の予約については、当院ホームページお知らせTopの「新型コロナウイルスワクチン 追加接種(3回目)について」をご確認ください。

新型コロナウイルスの検査をご希望の方へ

■医療費について

発熱などの症状があり、医師が必要性を認めた上で検査をした場合、新型コロナウイルスのPCR検査・抗原検査及び判断料が公費扱いとなります。
(症状のない方の検査は自費* です)

それ以外の診療・検査費・処方箋等については、通常の窓口負担金がかかります。

陽性となった場合、陽性確定後の診療費が公費扱いとなります。検査当日の診療費等には窓口負担金がかかりますので、ご注意ください。

また、新型コロナウイルスは二類感染症に位置付けられていることから、診療検査にあたっては厳重な感染予防対策が義務付けられています。そのため、医療保険制度に基づく「院内トリアージ実施料」(300点)及び「二類感染症患者入院診療加算」(250点) が加算されますので、予めご理解いただきますようお願いいたします。

■お会計について 

感染予防のため、検査当日の医療費は預り金として5,000円をお預かりします。

検査結果は電話でご連絡しますので、預かり金の精算は、体調が回復しましたら、陰性の方は2週間以内に、陽性の方は2週間後〜1ヶ月以内を目安にお願いいたします。1ヶ月以内に精算出来ない方は一度ご連絡ください。

精算の際は、受付時間内に「預かり金の領収証」を忘れずにご持参ください。

*新型コロナウイルス自費検査代
  ・PCR検査(唾液・鼻咽腔) 17,000円
  ・抗原検査(鼻咽腔、迅速診断)6,000円
 自費検査は無症状の方が対象となりますが、一般の診察とは分けて行いますので、ご希望の方は事前にご相談ください。
 また、診断書や陰性証明は別料金となります。
(金額は書式によりますので、医師に確認してください)

診療時間変更のおしらせ

2021年6月8日より、新型コロナワクチン接種事業協力の為、当面の間
火曜日午前と金曜日の午後、土曜日の午後にワクチン接種の時間を設けている日があります。
接種の時間帯は、診療や処方箋発行などは受け付けませんので、ご確認の上来院をお願いいたします。

混雑状況により、予約のない方の受付ができないこともありますので、ご了承お願いいたします。

6歳未満の小児のご家族の方へおしらせ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行当初より、医療機関では「全ての小児の外来診療に対して、新型コロナウイルス感染症を疑う対策をする必要がある」との観点から様々な感染予防対策を講じてまいりましたが、令和2年12月15日付で厚生労働省より「乳幼児感染予防対策加算(100点)」算定の通達がありました。
(令和3年10月より50点)

当院でも、小児の診療に当たっては特に念入りな感染予防策を実施していることにより、この加算を対象期間中臨時的に加算させていただきますことをご了承ください。

*院内入室の際は、お子様にも必ず手指のアルコール消毒と体温測定をお願いいたします

*院内より退出の際も手指のアルコール消毒をお願いします

*院内では全員マスク着用をお願いいたします

*流行状況等により、周囲に感染兆候のある方がいたか確認させていただきます

*特に小児が触れる可能性の高い場所は消毒剤等による清拭を頻繁に行っています

*外出時において、お子様がめ・はな・くちを触れないようご指導お願いします

お子様のマスク着用についてお願い

2020年夏、熱中症や窒息の恐れのあることから日常生活では2歳未満の子供にはマスク着用を推奨しない、という小児科学会の提言がありましたが、一方で、医療機関は、乳幼児の診療にあたっては「全ての小児の外来診療に対して、新型コロナウイルス感染症を疑う対策をする必要がある」という、注意喚起をされています。

乳幼児は、・手指衛生や咳エチケット等の衛生行動習慣が身についていない ・様々な物に触れる ・泣く ・自らの症状を訴えることができないので感染リスクを臨床情報から推定することが困難である などの特性があるためです。
また、小児の COVID-19感染者の多くは軽症又は無症状であるとも言われています。

当院は、乳幼児の患者様と同時に、感染症により重症化しやすい高齢の方や持病をお持ちの方にも多く来院いただいております。
これらの事情により、院内に入る方は全員、乳幼児も含めて全ての年齢の方にマスク着用をお願いしております。
2歳未満の年齢に限らず、お子様のマスク着用は保護者の方の見守りの上、お願いいたします。
咳のある場合、号泣などで飛沫飛散の恐れが大きい場合は特に気をつけて着用していただきたいと思います。
マスクを忘れた方には当院でマスクをお渡ししますので、受付にお声かけください。

もちろん感染予防対策はマスクだけではありませんので、どうしてもマスク着用できないお子様は、3密を避け人との距離を保つ、こまめな手指消毒 等で感染拡大防止にご協力いただきます。
具体的な対策としては、
*院外(車の中など)で待機する
*こまめに手指を清潔にする
*院内では保護者の方が抱っこして動き回らないようにする
(抱っこは対面で、飛沫が広がらないように)
*他の患者様と適切な距離を保つ
*咳ある時、泣いたり会話する時は口にハンカチを当てる等で飛沫の飛散を防ぐ
などがあります。不明点などありましたら遠慮なく当院スタッフにご相談下さい。

院内感染を予防し、全ての患者様に安心して通院していただくために、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。